子供にとっては最も大切な家庭教育

学校は基本的には、勉強を教えたり仲間との交流をするところであって、しつけなどの基本は家庭で教育すべきです。

子供にとっては最も大切な家庭教育

子供にとっては最も大切な家庭教育 どんな人も学校時代に、例え勉強はそれほど出来なくても、しっかりとした性格の同級生を見たことがあるはずです。例えば兄弟の中で一番上で、年下の子供たちへの面倒見がよいとか、きちんとした意見が言えるとか、掃除が上手だったりと、特定の能力というより、基本的な生活習慣がちゃんと身についている子供たちがいるのです。こうした個人の資質というものは、学校の勉強自体からよりも、毎日の実生活の中で身につくものです。そしてそれらは大抵、育った家庭で知らず知らずのうちに備わったものであることがほとんどです。もちろん、その子供が持って生まれた性格のせいである場合もあるかもしれません。

もっと正確に言えば、その子供の両親が意識的に教育したというよりは、その家庭の両親の考え方や振舞い、また家族同士のやり取りから、条件反射のように身についたと言った方が正確なのです。例えば両親が粘り強く何かを続けているのを見たら、子供もそれを学ぶに違いありません。こうした基本的な性格や考え方、資質を養うことは、学校の勉強自体からは期待できないのが普通です。むしろ家庭教育でのこうしたしつけや習慣は、学校における学力や成績の基礎になるのであり、その意味で、家庭教育は何よりも大切だと言うことができるのです。

Copyright (C)2014子供にとっては最も大切な家庭教育.All rights reserved.